日本エンゼル株式会社

日本エンゼルの強み

01 人にやさしく、
人と人の繋がりを大切に

人にやさしく

02 地域密着、
キメ細かいフォローサービス体制

フォローサービス

03 「あったらいいな」
お客様の声を聞いて商品企画

商品企画

01 人にやさしく、
人と人の繋がりを大切に

「めざそう人にやさしく社会に貢献できる企業」

これが日本エンゼルのビジョン、会社として私たちが目指すべき姿です。
日本エンゼルは、エンゼル商品を中心とした様々な介護・看護用品/福祉用具の販売や、そのフォローサービスを通じ、社会の一翼を担っていると言えるのかもしれませんが、それだけでは、ビジョンを実現することは困難です。企業として、ビジョン実現に少しでも近づくために、行なっていることの一つがチャリティー活動です。

例えば、過去20年以上に亘り、毎年、経常利益の1%相当を日本赤十字社に活動資金として寄付を行っております。寄付金は、災害時等に、現地に医療救護班や救援物資を届ける目的で活用されています。

その他、特定商品の食事用エプロンⅡ、通気ビーズフリークッション等に、協賛商品として日本赤十字社支援ロゴマークを頂戴し、売上金額の1%を同社に寄付しており、今後もこのような社会貢献の幅を広げていきたいと考えております。

10年間でお客様件数が1.4倍に!

2017年6月現在で5,107件。日本エンゼルとお取引いただいているお客様(法人)の件数です。
10年前の2007年に3,669件だったお客様件数は、お蔭様で約1.4倍に増えました。
この間、社会の高齢化で福祉用具/介護用品市場は堅調に推移しており、お客様件数が増えることは当然なのかもしれませんが、1軒1軒のお客様と信頼関係を築き、10年以上継続して長くお付き合いをしていただいているお客様が多くいらっしゃいます。

常に感謝を忘れない。サンクスカードとは?

人と人の繋がりは、お客様との間でだけで成立するわけではありません。
上司と部下、フォローサービススタッフと事務担当者など、社内の人間関係においても成立します。

日本エンゼルでは、社内での人と人との優しい繋がりを評価の対象とするために、業務上において感謝したい出来事があった際に、感謝を示すサンクスカードを送るという制度があります。
2016年度、一番サンクスカードを受け取ったNさんは、49通のカードを受け取り社内表彰されました。

常に、関わりのある方々に感謝する心を忘れないことは日本エンゼルの理念でもあります。

02 地域密着、キメ細かいフォローサービス体制

地域密着

北海道〜九州まで、各地域のエンゼルグループ販売会社と連携しながら、⽇本全国でのフォローサービスを⾏っております。
⽇本エンゼルのフォローサービス担当者は、毎⽇1⼈当たり、平均で8~10軒ほどのお客様を訪問し、介護用品、福祉用具について、ご相談をお受けしております。

アフターフォロー重視

実際に使ってみないと分からない商品も多くお試し用サンプルの貸出対応や、納品時には設置作業のお手伝いもさせて頂いておりますが、私たちは、様々なフォローサービス活動の中でも最も重要なのは、アフターフォローだと考えます。

商品によって、求められるアフターフォローの内容は様々ですが、エンゼル商品は、繊維製品では珍しく、ホックやスライダー(チャック)など長く使うと破損しやすい箇所の交換修理にも対応しており、長く、安心して使えることが、選ばれる理由の一つになっています。
また、仕入商品として取り扱いしている商品についても、もし故障や部品交換が必要な時に、修理対応など、各メーカー様と連携し、的確かつ迅速な対応を行ないます。

3感

日本エンゼル社内の独自のキーワードとして「3感」という言葉があります。
3感とは、「感謝、感激、感動」を意味し、フォローサービスを通じお客様には3感を感じてもらえることをスタッフ一同、心がけております。

また、多くのお客様から、逆に3感を与えていただけることもあり、3感により当社とお客様との間で絆が生まれ、当社のフォローサービスが選ばれる理由の一つになっています。

03 「あったらいいな」お客様の声を聞いて商品企画

現場の声から商品を開発

1970年代後半、まだ介護施設が”老人ホーム”と一括りにされていた頃、日本エンゼル、並びにエンゼルグループは介護用衣料品の開発、発売を開始しました。

当時は、まだ現在ほど高齢者の人口も多くなく、法令等も未整備であり、介護や看護の現場で使いやすいことを考慮した商品が少ない時代でした。

そのような中、介護や看護の現場で働く方々からのご要望をお聞きしながら、縫製工場を有する東京エンゼル本社と協力しながら、エンゼル商品の一つ一つが生まれました。

Made by 工夫

車いすのフットレストから足が落ちてしまうことを防ぐフットガードや、上手く立ち上がれずに転倒してしまう場合に備えて、大腿骨部を万が一の衝撃から守るラ・クッションパンツは、お客様の声から生まれ、特徴ある「Made by 工夫」商品として、介護や看護の現場で、愛用され続けロングセラーになっています。

商品情報を見る

商品ヒアリング会議

現在でも、日本エンゼルのフォローサービス拠点(FSO/FSS)のスタッフは、介護や看護の現場を定期訪問した際に、現場の方々から、商品に関するご意見やご要望、お困り事などを伺い、その内容をもとに、本社の企画部門を中心としたメンバーで商品ヒアリング会議を定期的に開催し、商品の開発/改良の検討を繰り返しております。

全てのご要望に100%お応えすることは不可能かもしれません。
しかし、フォローサービススタッフは、単なる営業担当者としてではなく、お客様第一をモットーに、常にお客様にとって最善の提案を行うために、何をすべきか?考え続けています。

介護用品・福祉用具に関することなら
日本エンゼルにお任せください

地域密着・キメ細かいサポート体制で、
お客様のお困りごとにお応えします

お問い合わせ